2010年09月19日

アイマス2について

東京ゲームショーにて、アイマス2の概要が発表されましたね。
詳しい内容は、ここでは書きませんが、賛否両論というか、一部の人には受け入れ難いものでした。それはそうでしょう、無くてもいいような要素が追加された割には、多くの人が望んでいたものを省いたのですから。ゲームとしての出来は、発売されるまで分かりませんが、アイマスファンを裏切る結果だった事だけは確かです。
私が、この『騒動』で強く感じたのは、ニコマスPとアイマスファンは違うと言う事。
ニコマスPを初めとする、二次創作をする人や、それらを楽しむ人にとっては、これらの結果は実は、動でもいいことに過ぎないのです。「ぼくのかんがえた、りそうのあいどるますたー」を作れば済みますし、それのための素材が増えたわけですから。
それに比べて、バンナム本家にしがみつくしかない本来のアイマス支持者にとっては、「嫌なら買わなければ良い」で済ませない辛い状況です。このような結果の一因に、ニコマスPの活動が原因にあるのかもしれません。実際、ゲームディレクターのインタビューを読むとそのような印象を受けます。
ニコマスPの中には、私も実の所、そうなのですが、アイマスは動画の一素材に過ぎないというスタンスの人たちがいます。その人たちにとっては、本家アイマスなんてどうなろうが、かまわないのです。早速、アイマスファンを困惑させた、男性ライバルアイドルジュピターのPVを素材にMAD動画作ったような人も居ます。アイマスが駄目ならMMDでいいじゃんと思ってるのような奴らがです。

僕は、同類でありながら、複雑な心境でした。
私達のような存在が、土台を崩した。
その意味を、私達は、考えるべきではないでしょうか?


アイマスに関する活動を休止する宣言を出したPも居ます。
本当にアイマスが好きでニコマスPをやっている人には、私はかなわないと思っています。

そんな彼らが、アイマスから離れるというのなら…ニコマスも終わりです。


posted by 房総ビューエクスプレスP at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

最近限界を感じる

で、良いカメラがほしいわけですよ。

先日のニラP軍団との宴席での、たかちほさんの一眼やら
先日の準快速P見送りオフでの、海芝浦Pや河咲さんの一眼やらを
見ていたらほしくなるのです。

実際には、以前から、考えていたというか、ムービーカメラであるXaxtiで静止画を撮影する事への限界を感じていたのです。
ポケットに入って、取り回しは良いんですけど、とっさの撮影でピンボケが多いことと、シャッター速度が遅いことに不満を持つようになったのと、ズームで撮影したときに、もっときれいに撮りたいと思うようになったのが原因です。

羽田空港で、飛行機を撮影したときに、特にそういう限界を感じてしまいました。

しかしながら、一眼レフというのに、ちょっと抵抗があったりするのです。電車に乗っていて、ホームの先にいかにもなカメラを構えたテツやら、さよなら運転時にごちゃごちゃ集まってくるテツの圧迫感をみたら、もうねw
鉄道にかぎらず、車のイベントとかでも嫌な思い出があるので、自分の中で、カメラ構えたヲタは屑という図式があったりなかったり(ごめんね!!)

そんな屑の仲間入りをしようとしているのですが、それはおいて置いて、カメラは常に持って出かけたいので、大きいと持ち運びに不便じゃないかというのがあって、できるだけ小さいカメラが候補。
お出かけ先で、ふとした瞬間に撮るのが目的ですからね。

そんなななか、ツイッターで、候補にあがったのが、ミラーレスマイクロ一眼のオリンパスPEN。最近売れてる機種らしいです。
動くものには弱いとのことですが、この大きさは、求めているサイズ。かなり気になります。実機を触って好印象。
だったのですが、ここでニコンのD5000も候補にあがってきました。PENよりは大きくなるのですが、ちゃんとした一眼レフとして、小型で、PENより高性能。値段もそう変わらない。むしろPEN高くね?
外出先で撮る以外にも、天体写真に挑戦してみようかな?というのもあって、悩むところです。

というわけで、迷走中。実際に買うまでは、しばらく掛かりそうです。

posted by 房総ビューエクスプレスP at 22:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おみずさんをめぐる羽田オフのコト。

最近、オフ充な感じな房総さんです。
呼び方が、房総ビューエクスプレスPだったり、BVEP(ぶーぶいいーぴー)だったり、せえpだったりしーぷだったり、色々いわれるんですが(あれ?角館さんとは言われないだと…?)、房総Pで統一するので、房総Pだとか房総さんと呼んでください。あと房総半島には住んだことがありません。ごめんなさい。

さて、今回は、準快速Pことおみずさんが、東京に来る用事があり、福岡に帰る羽田空港で、ちょっと時間があるようなことをツイートされていたので、行ってみました。
待ち合わせの場所である第一ターミナルの展望台で準快速Pを探してうろうろしていたろころ、先にニコマスPである、海芝浦Pに声をかけられてしまいました。背の高いイケメンでした。
準快速Pは、先に大変な途中下車クラスタと合流されていて、そのために、自分たちとへの反応が遅れたようでした。
で、居た人が、イケメンなおぎわらさんと、大変な途中下車シリーズ創始者である河咲さん。なんかカリスマ性がすごい。
自分はニコマスクラスタということで、微妙に知らない人扱いしてましたが、後になって思えば、ツイッターでフォロー前からしてるよね?という話で、おかしいと思われたかもしれません。ごめんなさい。
準快速Pの中の人は、放送部の全国大会で、東京に来たそうで、なるほど、しゃべりが上手いと関心しました。自分は話ベタですからね…。それと準快速Pは話の通りのイケメンでした。(で、いいんですよね?)


短い間で、みなさんとは、それほど会話できませんでしたが、楽しい時間でした。お疲れ様でした。
posted by 房総ビューエクスプレスP at 02:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする