2010年09月19日

アイマス2について

東京ゲームショーにて、アイマス2の概要が発表されましたね。
詳しい内容は、ここでは書きませんが、賛否両論というか、一部の人には受け入れ難いものでした。それはそうでしょう、無くてもいいような要素が追加された割には、多くの人が望んでいたものを省いたのですから。ゲームとしての出来は、発売されるまで分かりませんが、アイマスファンを裏切る結果だった事だけは確かです。
私が、この『騒動』で強く感じたのは、ニコマスPとアイマスファンは違うと言う事。
ニコマスPを初めとする、二次創作をする人や、それらを楽しむ人にとっては、これらの結果は実は、動でもいいことに過ぎないのです。「ぼくのかんがえた、りそうのあいどるますたー」を作れば済みますし、それのための素材が増えたわけですから。
それに比べて、バンナム本家にしがみつくしかない本来のアイマス支持者にとっては、「嫌なら買わなければ良い」で済ませない辛い状況です。このような結果の一因に、ニコマスPの活動が原因にあるのかもしれません。実際、ゲームディレクターのインタビューを読むとそのような印象を受けます。
ニコマスPの中には、私も実の所、そうなのですが、アイマスは動画の一素材に過ぎないというスタンスの人たちがいます。その人たちにとっては、本家アイマスなんてどうなろうが、かまわないのです。早速、アイマスファンを困惑させた、男性ライバルアイドルジュピターのPVを素材にMAD動画作ったような人も居ます。アイマスが駄目ならMMDでいいじゃんと思ってるのような奴らがです。

僕は、同類でありながら、複雑な心境でした。
私達のような存在が、土台を崩した。
その意味を、私達は、考えるべきではないでしょうか?


アイマスに関する活動を休止する宣言を出したPも居ます。
本当にアイマスが好きでニコマスPをやっている人には、私はかなわないと思っています。

そんな彼らが、アイマスから離れるというのなら…ニコマスも終わりです。


posted by 房総ビューエクスプレスP at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。