2010年07月10日

星に憧れを、歌に思いを

みなさんは作業用BGMは使っていますか?
音を使う作業では使えませんが、私は、ニコ動の作業用BGMタグの動画を
ちょくちょく使っていたりします。
自分でも作って、ニコ動にアップしていたりします。→http://nsx.kadaru.mydns.to/stock/736/

そんな中で、自作の作業用BGMから、ボーカロイド曲から宇宙関連な歌を
あつめた、星のうたシリーズについて、今回は、ちょっとお話させていただきます。
星のうたというのは、VOCALOID関連の動画のうち、宇宙に関係が深いものに付けられるタグなんですが、まとめたようなのが無かったので、作ろうと思ったのがきっかけです。

比較的メジャーな曲を集めて、作業用BGMに使用することを前提に、画像は文字だけというシンプルな構成です。黒画面は宇宙をイメージし、各曲のタイトルは、曲のイメージごとにフォントを変えています。味気なさすぎな感じがしますねw
一応、曲順のイメージとしては、ただ宇宙を見上げる存在から、宇宙へ挑み始めた歴史。でも多く人は今だ多くの人は地球で見上げるだけ。その思いを携え孤独に向かう天文衛星、探査機。そして、見続ける天体。
…わけわからん文章だなおい。 とりあえず、6番目に『1/6』9番目に『the9th』は意図してるよ。数字的な意味だけで。ループも意図的ですよ。


第二夜目は、本当は、はやぶさ帰還時にあげようとおもってました。

まぁ、作ってて忘れてたんですけどね。はやぶさ帰還以後にお帰り曲もあがるだろうから、それも入れようという考えもあったわけですけれど、結局居れずじまい。めんどくさいもんw
二夜目は一夜目の反省?から画像を入れてます。ちょっとだけ。
一曲目のサイハテは宇宙曲ではないのですが、別解釈で宇宙系PVがかなり作られている曲ですね。これは、のぞみをイメージしたPVに影響されています。曲としてはM-Xロケットのことも歌っているように思えますね。八曲目は、さらに宇宙曲ではないのですが、かぐやをイメージした動画にやられたので、入れてみました。このアルバムでは、かぐや帰還ではなく、はやぶさの帰還を意図していますけれど。
全体的に、はやぶさ関連の曲をチョイスしているわけですが、クロスフェード気味にして、つなげている感じ+キセノンPの『はやぶさ』は前後でニ分割と全体を通して聞く感じにしてみました。のぞみの失敗→はやぶさの挑戦→あかつきの旅立ち→はやぶさの帰還ですね。


三夜目は、それより身近?な宇宙です。
あーあー。一緒に宇宙イベントに行くような彼女がほしい。
posted by 房総ビューエクスプレスP at 15:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。