2010年04月18日

東京駅で見送ったコト。

2010年4月18日。東北の地に新たな時代の魁となった一つの存在が、その役割を終えました。
それは、山形新幹線400系『つばさ』
初のミニ新幹線として山形地方への新在直通運転する特急車両として、1992年にデビューしました。

以前に紹介していますが、400系を題材に自分で作った動画を…

これとは逆に明るい感じで、けいおん!版でも、作ろうとはしていましたが、結局できずじまいでした。


そんな、400系の最後を見送りに、私は、ラストランとなる『つばさ18号』を東京駅で出迎えることにし、その様子をニコ生で配信いたしました。
ちなみに、デビュー18周年から、つばさ18号だそうです。

東京駅で見送ろうとする大勢の人で、ホームはごった返してしましたが、とくに混乱なく終わり、有終の美を飾りました。

先日、引退した夜行急行能登・寝台特急北陸や、東海道新幹線から撤退した500系と比べて、人は少ないのかもしれません。それらには、実際に行ったわけではないので、実数はわかりませんが、そんな印象を持ちました。400系が彼らに劣っているわけではありませんが。

大先輩に当たる初代東北新幹線でもある、200系よりも早くの引退。
実際にホームに現れた姿を見て、まだまだ、走れる。そんな印象を受ける400系。一度も乗る機会はありませんでしがが、引退が惜しいものです。
しかし、200系も、そしてE3系『こまち』もE5系・E6系の登場で消える運命にあります。

400系のホーム入線を、同じミニ新幹線である、秋田新幹線こまちの先行量産型車であるE3系R1編成、つまり最初の『こまち』が出迎え、そして、400系の回送を、400系を置き換えるために投入されたE3系2000番台の最初の編成であるL61編成が見送る…その図には、単なる命の無い無機質の存在でありながら、物語のひとつの章の終わりを見るようで、心に来るものがありました。

ニコ生配信がメインであったため、写真や動画で撮ることはしませんでしたが、その空気感を少しでも伝えることが出来たら良かったですし、その分、心に焼き付けることにしていました。


本当に、ありがとう。おつかれさま、400系新幹線。




蛇足になりますが、ホームでは、TBSが取材をしていました。ほかは、山形側に集中していたためか、メディアは見た感じにはそれだけでした。TVは見ていないので、分かりませんが、夕方のニュースで流れたのでしょう。(後日、ネット上の毎日Jpでも記事になっていたので、毎日新聞社も取材していたのを確認。新聞・雑誌メディアは居たのかも?)

また、ニコ生配信中に土曜日の夜にやっているというニュース番組から取材を受け、受け答えはしましたが、撮影は断りました。普段から顔出し配信していれば、こんなに上手い話はないでしょうが、顔出しNGですし、あまり、この手の取材には、快く思っていないので、仕方が無いですね。TBSですからw まぁ、ニュースで背景として写っているかもはしれませんね。
その記者に声をかけられた前に、WEBカメラをマイクと勘違いしたテツな子供から、音テツさんですか?と聞いて、これはニコ動でネット配信してるんだよと答えたら、すげー的な答えが返ってきただけで十分なのです。
posted by 房総ビューエクスプレスP at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。